広重産業株式会社


広重産業(株)(資本金6億5275万円、川口市並木2-5-4、登記面=埼玉県鳩ケ谷市辻764、代表大坪昭夫氏、従業員220名)は、9月3日に東京地裁へ自己破産を申請し、同日、破産手続き開始決定を受けた。

申請代理人は内田公志弁護士(東京都港区西新橋1-20-3、電話03-5511-6211)ほか1名。

当社は、1978年(昭和53年)11月設立の各種電子機器製品及び部品の製造業者。液晶テレビ用のLCDモジュール、バックライトシャーシなどの液晶関連製品を中心に、民生機器、OA・AV機器の精密加工製品など、幅広く事業を展開。山形県米沢市や三重県津市に工場を有し、海外も含め20を超える関係会社、協力会社を擁して国内の電機メーカーを得意先に業容を拡大、95年9月期には年売上高約320億2100万円を計上していた。

その後は景気低迷による個人消費の減退、また民間設備投資減少の煽りを受け、2000年9月期の年売上高は約229億4800万円に落ち込んでいたが、近年は薄型テレビに代表される液晶製品の需要が拡大。当社も液晶事業部門が好調に推移、2004年9月期の年売上高は約324億4300万円に回復していた。しかし、多くのグループ企業を抱えていたことからその管理や資金支援などに費用がかさんでいたうえ、低採算に陥った海外の関係会社の整理をはじめとしたリストラに着手、2005年9月期は年売上高約305億8100万円に対し、約11億8700万円の最終赤字となっていた。その後も受注価格の下落を余儀なくされ、2006年9月期は年売上高が約205億9100万円と急減、2期連続の赤字決算を強いられ財務内容は大幅に悪化していた。2007年9月期の売上高見込みも200億円を割り込むなど資金繰りはさらに悪化していた。

負債は約104億円。

また、関係会社の東北広重工業(株)(資本金1000万円、山形県米沢市万世町桑山下松木2737-1、代表大坪昭夫氏、従業員150名)と広重プレス工業(株)(資本金1000万円、山形県米沢市八幡原2-4698-5、代表浅間秀蔵氏ほか2名、従業員27名)の2社は、同日同地裁へ民事再生法の適用を申請し、保全命令を受けた。負債は東北広重工業(株)が約21億5000万円、広重プレス工業(株)が約4億8000万円。


「出典:帝国データバンク」