トーカイ開発株式会社


名証2部上場の(株)トーカイが99.9%出資する子会社、トーカイ開発(株)(資本金1億円、岐阜市若宮町9-16、代表上田省次氏、従業員58名)は、8月31日に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は渡辺和義弁護士(名古屋市中区丸の内3-14-33、電話052-232-5678)ほか5名。監督委員には服部一郎弁護士(名古屋市中区丸の内2-1-37、電話052-221-5955)が選任されている。

当社は、1984年(昭和59年)11月に設立されたゴルフ場・スキー場の運営業者。87年に「瑞浪トーカイカントリークラブ」(岐阜県瑞浪市)、92年に「ホワイトピアたかすスキー場」(岐阜県郡上市)、95年に「上宝トーカイカントリークラブ」(岐阜県高山市)をオープンした。しかし、バブル崩壊後のゴルフ場やスキー場の運営は厳しい状況が続き、親会社(株)トーカイより金融支援を受けていたものの経営は改善せず、2007年6月末時点で24億円を超える債務超過となっていた。

また、預託金債務残高は2007年8月末時点で約110億円に上り、当社自力での事業継続は困難であると判断、今回の措置となった。

負債は約123億円。

なお、預託金については半額をメドに返還を行えるよう(株)トーカイが支援する予定。また、ゴルフ場2施設については(株)アコーディア・ゴルフグループを再生スポンサーとして事業譲渡を行う予定。


「出典:帝国データバンク」