大舞工業株式会社


大舞工業<ダイマイコウギョウ>(株)(資本金8000万円、京都府舞鶴市市場龍宮740-9、大谷龍作社長、従業員89名)は、7月2日に大阪地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は釜田佳孝弁護士(大阪市中央区北浜2-6-26、電話06-6209-8670)ほか1名。

当社は、1948年(昭和23年)6月創業、60年(昭和35年)6月に法人改組した(株)プロウィング(旧・大舞工業(株)、同所、同代表)から、2004年6月に株式分割によって別途設立された土木建築工事業者。旧・大舞工業(株)は、土木工事を主体にマンション・商業施設などの建築工事、舗装工事、水道工事を手がけ、国土交通省、京都府、舞鶴市などの官公庁からの元請けをはじめ大手ゼネコンなどの下請け工事を受注。2001年12月期には年売上高約140億6600万円を計上し、京都府北部の土木建築業者としてトップクラスの実績を誇っていた。

しかし、2003年12月期は年売上高約80億3000万円と大幅な減収、赤字に転落したほか、グループ企業の事業における借入金が増加したことから2004年6月に施工部門を新設分割、再スタートを図った。
2006年12月期は年売上高約97億1300万円、当期利益約7600万円を計上したものの、グループ会社に対する貸付金が5億円を上回るなど財務の改善は進まず資金繰りがひっ迫、今回の措置となった。

負債は保証債務などを含め約100億円を上回る見込み。


「出典:帝国データバンク」