株式会社アーバンフーズ


(株)アーバンフーズ(資本金2500万円、新宿区大久保2-4-12、代表柳楽光雄氏、従業員35名) は、5月15日に事後処理を西村孝一弁護士(港区南青山1-15-2、電話03-3401-1471)ほか3名に一任した。今月末をメドに、東京地裁へ自己破産を申請する見通し。

当社は、1990年(平成2年)4月設立、その後休眠状態を経て93年10月に事業を再開した食肉・水産加工品卸。冷食大手の(株)加ト吉(香川県観音寺市、東証・大証1部)、加ト吉水産(株)(香川県観音寺市)からそれぞれ16.6%の出資を得ていた。牛肉、豚肉、鳥肉およびその加工品、輸入水産加工品などの卸を手がけ、生協をはじめとして食肉加工業者、食肉加工問屋など比較的広範な地域に多数の得意先を獲得、2001年7月期には年売上高約62億7000万円を計上していた。

その後も新規顧客の開拓など積極的な営業展開によって、業容は拡大の一途をたどり、2006年7月期の年売上高は約120億5700万円に達していた。

しかし、以前から継続していた加ト吉グループとの不透明な取引が表面化し、今年4月以降は主要取引先からの商品仕入れが不可能となったうえ、主要取引行からの金融支援も打ち切られ、資金繰りに行き詰まったことから、今回の措置となった。

負債は約85億円。


「出典:帝国データバンク」