幸福商事株式会社


幸福商事(株)(資本金1億円、新潟市西区大野町2914-2、代表菊池宏氏)は4月27日に新潟地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

申請代理人は、今井誠弁護士(新潟市中央区新光町10-2、電話025-280-1111)。破産管財人は勝見洋人弁護士(新潟市中央区東中通一番町201-1、電話025-224-6647)。債権届け出期間は6月15日まで、財産状況報告集会は7月23日午後3時。

当社は、1986年(昭和61年)8月、飲食店の経営を目的に福交商事(株)として設立、2006年6月に現商号へ変更した。福島県本宮町の東北自動車道安達太良サービスエリア内(上り線)にて食料品、土産物などの売店経営と「福交レストラン」の経営を手がけていた。

しかし、従前から繰越欠損を抱えながらの経営で債務超過に陥っていたうえ、景気低迷の影響による個人消費の減退から売上高は下降線をたどっていた。2005年4月には当社が経営する売店、レストランについて関係会社が営業を継承していたが、債務返済の滞りから、4月16日に債権者から破産を申し立てられていた。

負債は約31億円の見込み。


「出典:帝国データバンク」