長島特殊塗料株式会社


長島特殊塗料(株)(資本金8500万円、荒川区荒川2-1-5、登記面=荒川区東尾久4-15-1、代表長島正季氏ほか1名、従業員40名)は、4月5日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は栃木義宏弁護士(港区虎ノ門2-6-7、電話03-3580-1331)ほか1名。

当社は、1923年(大正12年)6月創業、51年(昭和26年)1月に法人改組した塗料製造業者。埼玉県内に自社工場を有し、建築用、道路用の塗料をはじめ、自動車用、弱電器・電子部品用、皮革・ゴム・化粧品容器用などの各種塗料を製造、2001年4月期には年売上高約14億円を計上していた。過去に度々赤字を計上していたにもかかわらず、2004年には当社の技術力・将来性を評価したメーンバンクが整理回収機構から債権を譲り受ける初のケースとなり注目されていた。

しかし、近年は売り上げが伸び悩むなか、仕入先で資金面でも支援を受けていた東京新日本化成(千代田区、化学製品卸)が4月2日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けたこともあり、支え切れなかった。

負債は約30億2300万円。


「出典:帝国データバンク」