墨田工業株式会社


墨田工業(株)(資本金7000万円、東京都墨田区業平3-5-1、馬場研輔社長、従業員142名)は、3月20日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。

申請代理人は御山義明弁護士(東京都中央区八重洲2-2-12、電話03-5202-0585)ほか。

当社は、1946年(昭和21年)3月創業、1957年(昭和32年)3月に法人改組した発泡スチロール製品製造業者。野菜・漬物・魚類など各種食品用容器を中心に、弱電製品や部品等成型加工品、断熱材・冷暖房用資材・アスファルト・ルーフィングボード等内装資材関連を扱い、ピーク時の92年3月期の年売上高は53億2300万円を計上していた。

しかし、メーカーの海外進出に伴い家電・音響機器向け製品の需要は伸び悩み、食品関係向けでは数量ベースこそ伸長傾向で推移していたものの、同業他社との価格競争の激化から売り上げは伸び悩み、2006年同期の年売上高は約34億1700万円にまで低下していた。工場への設備投資に伴う借り入れ負担が重く、工場など拠点を閉鎖するなどリストラにも取り組んでいたが、原料価格の高騰も重なり、今回の措置となった。

負債は、約62億5700万円。


「出典:帝国データバンク」