株式会社宇宿産業


(株)宇宿産業(資本金1万円、鹿児島市新栄町17-18、代表清算人神川洋一氏)は、2006年12月27日、鹿児島地裁に特別清算を申請した。

申請代理人は神川洋一弁護士(照国総合法律事務所、鹿児島市照国町13-41、電話099-226-0100)。

当社は、2006年(平成18年)11月に登記上は砂利・砂販売などを目的に設立された新設会社である。翌12月18に株主総会の決議により解散し同月27日に設立1ヶ月余りで特別清算を申請した。

特別清算に至る経緯は、約64億円に達する債務を抱えた(有)南国砂利(鹿児島市、砂利・砂採取販売業)の発展的な事業存続を意図し、同社から吸収分割し資産管理業務を継承して設立された。継承した資産は金融債務を中心に43億円で、残り21億円は、(有)南国砂利が事業活動で償還していくこととなった。

よって、今回は(有)南国砂利を存続させる対策としての措置で、当社としての事業活動実績は発生していない。

負債は約43億円。


「出典:帝国データバンク」