富士ランド株式会社


富士ランド(株)(資本金3105万円、中央区日本橋兜町20-5、代表清算人横地利博弁護士)は11月27日の株主総会で解散を決議していたが、12月4日に東京地裁へ特別清算を申請した。

申請代理人は下村文彦弁護士(新宿区左門町13-1、電話03-3358-0151)。

当社は、1967年(昭和42年)5月にゴルフ場、ホテルの経営を目的として設立された。「御殿場ゴルフ倶楽部」(静岡県御殿場市、18ホール)、「ベルビュー長尾ゴルフ倶楽部」(静岡県御殿場市、18ホール)の2コースを所有、それぞれの運営は従前、関係会社が行っていたが、98年頃より運営の1本化を図り関係会社の(株)リゾートマネジメントに委託していた。両ゴルフ場は隣接しており、ともに東名御殿場インターチェンジから近く立地に恵まれ、98年3月期には年収入高約4億8000万円を計上していたが、2002年3月期には約2億8000万円まで落ち込み、毎期赤字決算となっていた。

預託金の返還も延期するなど苦しい状況が続いていたうえ、金融機関からの借入金が外資系ファンドに譲渡されるなど、余裕の無い運営を余儀なくされていた。このため、プレー権を確保すべくスポンサーを探していたが、今般、(株)フェニックスインベストメントアドバイザーズが(株)リゾートマネジメントへ資金支援をしたうえで、ゴルフ場の営業権および不動産を(株)リゾートマネジメントへ譲渡することになり、当社については特別清算による処理となった。

負債は流動的だが推定で120億円が見込まれる。


「出典:帝国データバンク」