株式会社河源


(株)河源(資本金1000万円、奈良市大安寺町537-1、代表河本とし子氏)は、債権者から6月5日奈良地裁へ破産を申し立てられ、10月2日に同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は北岡秀晃弁護士(奈良県奈良市登大路36 大和ビル4階 奈良合同法律事務所、電話0742-26-2457)。債権届け出期間は11月10日までで、債権調査期日は2007年1月30日午後1時30分。

当社は、パチンコ店の経営を目的に1987年(昭和62年)8月に設立したもので、店舗は「ダイナマイト」の名称で奈良市内に2店舗を有しパチンコ、パチスロをそれぞれ200台有しての営業を展開、ピーク時には年売上高約70億円を計上していた。

しかし、客の伸び悩みと関連会社大和高原開発(株)でのゴルフ場開発に莫大な資金を有したことに加えて近年県外のマンモス店が相次いで出店するなどしたことから、2006年初めには2店舗とも営業権を売却して事実上事業は停止していた。

また、関連会社であった大和高原開発(株)(本社同所、ゴルフ場経営、負債額約125億円)が2006年4月に民事再生法を申し立て倒産するなどグループ企業での業況も悪化するなどしたことから対外信用の低下により、債権者から破産を申し立てられていた。

負債額は、債権者約15名に対し約35億4400万円。


「出典:帝国データバンク」