株式会社エス・シー・シー


(株)エス・シー・シー(資本金5000万円、坂東市菅谷2340、代表清算人清起一郎弁護士)は、7月21日開催の株主総会で解散を決議し、水戸地裁下妻支部へ特別清算を申請、10月6日に同地裁同支部より特別清算開始決定を受けた。

当社は、1986年(昭和61年)11月にゴルフ場経営を目的として設立。98年11月に「猿島カントリー倶楽部」をオープン。「ワンイヤーメンバーズ」と称した年度会員制を採用して約3000名の会員数を誇っていた。各種コンペの開催など集客企画で入場者数確保を図り、2000年3月期には年収入高約6億3300万円を計上していた。

しかし、その後は入場者数の減少が続いたことに加え、プレーフィー、飲食代など客単価も低下し、2005年3月期の年収入高は約5億2400万円に低迷。加えて、過大なゴルフ場開発資金などの債務が重荷となり、返済が滞るなど資金繰りは悪化していた。このため、2005年12月にゴルフ場運営事業を他社に会社分割して当社は清算業務を行い、今回の措置となった。

負債は約486億円。

なお、「猿島カントリー倶楽部」は分割会社にて営業を継続している。


「出典:帝国データバンク」