株式会社倉橋吉敬商店


(株)倉橋吉敬商店(旧商号=クラハシ、福山市引野町1-1-1、代表清算人三谷浩二郎氏)は、8月1日開催の株主総会で解散を決議し、同月21日に広島地裁福山支部より特別清算開始決定を受けていたことが判明した。

当社は、1946年(昭和21年)6月創業、58年(昭和33)9月に法人改組した鮮魚卸業者。各地の市場やスーパーなどへ販路を築いて順次事業を拡大するほか、関連会社で食品加工や物流事業なども行い、鮮魚・冷凍魚・塩干魚・冷凍食品の仕入れ販売から加工、物流までを行うグループを形成。鮮魚類の扱いでは地元ではトップ企業へ成長し、90年8月期には年売上高約289億1700万円を計上していた。

しかし、売り上げは伸長していたものの収益は低調であったうえ、不採算部門の縮小などから2005年同期の年売上高は約168億6800万円まで減少。拡大路線からの軌道修正を余儀なくされ、グループとして重複事業の統合や不採算事業の処理、資産売却による金融債務軽減などの事業再構築を進めていた。

自主再建を目指していたものの最終的には自力での再建は困難と判断し、今年に入り整理回収機構の「RCC企業再生スキーム」に基づく事業再生計画を公表。この計画に沿って、今年3月には新会社(株)クラハシ(同所、代表真部誠司氏)へ従業員を含めた事業を全面的に譲渡すると同時に当社は現商号へ社名変更し、清算準備を進めていた。

負債は約32億6800万円。

なお、事業はすでに別会社へ事業譲渡されており、当社清算に伴う新会社への影響はない。


「出典:帝国データバンク」