医療法人加樟会


(医)加樟会<かしょうかい>(資産の総額7176万4000円、枚方市楠葉花園町4-1、登記面=枚方市楠葉並木2-12-1、理事長加藤啓明氏、従業員165人)は、7月31日に大阪地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。

申請代理人は川口冨男弁護士(大阪市北区西天満2-10-2、電話06-6365-8111)ほか。監督委員には村辻義信弁護士(大阪市北区堂島1-1-5、電話06-6343-3343)が選任されている。

当法人は、1995年(平成7年)6月に設立。枚方地区で各種医療施設を展開する「加藤総合病院グループ」に属し、98年4月に介護老人保健施設「加樟苑」(入所定員150名)を開設。同施設は「加樟クリニック牧野」「グループホームくすのき」「居宅介護支援事業所」「楠葉訪問看護ステーション」「訪問介護事業所」を併設しており、2002年6月期には年収入高約9億6000万円を計上していた。

しかし、2005年9月にグループの加藤総合病院が大阪府から施設外診療や施設の目的外使用などを指摘され、翌10月には大阪社会保険事務局が立ち入り検査を実施、今年6月には同病院医院長の保険医の登録取消処分を受けていた。また、この間の2005年11月の同病院の新築移転に伴い新たに保険医療機関指定の申請をしていたが、最終的には認められない可能性が出てきたことから今年に入りこれを取り下げたため、11月以降の診療報酬を請求できない事態に陥っていた。

このため、加樟会が同病院への援助を余儀なくされ借入金が増加していたうえ、グループ会社が同病院のために負担した多額の借入金の保証債務も引き受けたことから資金繰りはひっ迫、今年6月末には支払い遅延が発生しており、支え切れなかった。

申請時の負債は約43億円(保証債務は約28億8400万円)。

なお、8月1日開催の債権者説明会によると、加藤総合病院についてはスポンサー選定の方向で検討中。


「出典:帝国データバンク」