永信商事株式会社


永信商事(株)(資本金1億円、江東区永代2-31-1、代表鬼頭達也氏)は、7月5日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

破産管財人は相羽利昭弁護士(新宿区新宿1-8-5、電話03-3356-5251)。債権届け出期間は8月4日までで、財産状況報告集会期日は10月16日午前10時。

当社は、1965年(昭和40年)12月に設立。永代信用組合の系列会社として、同信用組合の不動産管理を行うほか、都内城東地区をエリアとし、不動産の売買、仲介、マンション分譲開発などの不動産業に加え、損害保険代理業、飲食業および旅行サービス業などを幅広く展開していた。

しかし、同信用組合が2002年1月に経営破綻したことに伴い、2002年4月に営業を停止。その後、債権が整理回収機構(RCC)に譲渡され、不動産売却などにより債務整理を進めていたが、整理のメドがついたことから、今回の措置となった。

負債は債権者約11名に対し約33億7400万円。


「出典:帝国データバンク」