株式会社スイフ


(株)スイフ(資本金5000万円、水戸市水府町1515、代表石川久夫氏、従業員64人)は、6月19日に水戸地裁へ民事再生法を申請し、同日保全命令を受けた。
申請代理人は阿久津正晴弁護士(水戸市南町1-3-23、電話029-233-3055)ほか2名。

当社は、関係会社のホームセンター部門を継承して1984年(昭和59年)8月に設立。不動産業を手がける関係会社より、店舗を借り受ける形で「ホームセンタースイフ」の出店を重ね、2002年2月期には年売上高約88億5700万円を計上、県内では上位にランクされるまでに成長していた。

一時は10店舗を運営していたが、同業者間の競合が激化し、2006年同期の年売上高は約47億6600万円にとどまっていたうえ、不良在庫の処分などにより経常損失約4400万円を計上、大幅な債務超過に陥っていた。

一方、関係会社の設備借入金と当社の運転・設備資金などの借入金が資金繰りを圧迫。仕入先に対して度重なる支払延期を要請していたが奏功せず、資金繰りは限界に達していた。

負債は約35億円の見込み。


「出典:帝国データバンク」