株式会社北海道ゴルフ倶楽部


(株)北海道ゴルフ倶楽部(資本金1億円、苫小牧市錦岡440-1、代表唐木澤康光氏)は、5月11日に東京地裁へ民事再生法を申請した。

申請代理人は三村藤明弁護士(東京都港区虎ノ門1-6-12、電話03-3519-8321)ほか2名。

当社は、1987年(昭和62年)9月に設立されたゴルフ場経営業者。91年6月に「北海道ゴルフ倶楽部苫小牧コース」(36ホール)を本格オープンし、2002年12月期は年収入高約4億2000万円を計上していた。

道内での集客を中心に営業を展開していたが、近年は近隣地区のゴルフ場との競合などから入場者数は伸び悩みを余儀なくされ、2004年同期の年収入高は約3億7000万円にとどまり、連続赤字となっていた。

この間、金融機関などからの借入金に依存した繰り回しを行ってきたが、会員への預託金償還も負担となり、今回の措置となった。

負債は預託金約100億円を含み約260億円。


「出典:帝国データバンク」