黒石鉄工株式会社


黒石鉄工(株)(資本金2000万円、広島県安芸郡海田町南明神町2-20、清算人中尾正士氏)は、3月31日の株主総会で解散を決議していたが、5月8日に広島地裁へ特別清算を申請した。

当社は、1951年(昭和26年)2月に創業、76年(昭和51年)10月に黒石エンジニアリング(株)として法人改組した自動車部品メーカー。もともと大手自動車メーカーの協力企業として各種ペダル(アクセル、ブレーキ、クラッチなど)やステアリング製造を手がけていた旧・黒石鉄工(株)の関連会社として設立された経緯があり、合成樹脂やポンプの組立販売を行っていたが、同社が過大な金融債務を抱えて経営不振に陥ったことで、2001年に当社が旧・黒石鉄工を吸収合併し、商号を黒石鉄工(株)へ変更。その後は従業員削減などによる経費の圧縮ほか、ステアリング事業及び物置製造部門からの撤退、工場売却など事業の合理化を進め、2003年3月期には年売上高約99億円をあげていた。

こうしたなか、今年1月には当社の事業を(株)オートテクニカ(広島県安芸郡、各種自動車ペダル製造等)へ営業譲渡することを骨子とした再編計画を発表し、2月に実施。当社は不動産の売却を含めた清算業務を進めていた。

負債は約74億円。


「出典:帝国データバンク」