学校法人田後学園


(学)田後学園(債務超過額5億2243万6130円、町田市中町2-20-3、代表理事飛田義雄氏)は、東京地裁へ自己破産を申請し、4月19日に同地裁より破産手続き開始決定を受けていたことが判明した。

破産管財人は今朝丸一〈けさまる・はじめ〉弁護士(港区虎ノ門1-26-5、電話03-3580-1021)。

当法人は、1966年(昭和41年)4月創業、85年(昭和60年)4月に法人改組。「町田経理専門学校」の経営を手がけ、一時は生徒募集を東京都、神奈川県以外にも全国的に拡げていた。93年頃には校舎を1号館から7号館まで設置して、総合ビジネス学科、ビジネス情報処理学科、国際ビジネス学科、税理士専攻学科など計6学科を有し、ピーク時の93年3月期には年収入高約23億8000万円を計上していた。

しかし、バブル期を中心に積極的な校舎設置を行った結果、借り入れ過多に陥り、金利負担が収益を圧迫していたうえ、94年頃から生徒数の減少が深刻化し業績低迷を余儀なくされ、2002年同期は年収入高約1億6000万円まで減少していた。

この間、校舎の売却や人員削減などの大幅なリストラを図っていたが、生徒数減少に歯止めがかからず、財務内容は悪化の一途をたどり、2003年2月までに町田経理専門学校の運営を停止し、校舎等の所有資産を別学校法人に売却していた。

負債は約46億円。


「出典:帝国データバンク」